無料ホームページなら お店のミカタ - 

エコット熊谷籠原店 | 日記 | 不要な冷蔵庫、洗濯機の回収処分について・・・あまり良くないお知らせデス


最新のツィート

    お知らせ

    2018/03/09

    3月10日(土)は臨時休業とさせて頂きます。翌11日(日)は通常営業です

    2017/09/12

    4DaysBargainは毎月30日31日1日2日と14日15日16日17日です

    2017/07/15

    夏祭り時期につき、21:00まで試験営業中(~21日)

    住所・TEL

    住所
    〒360-0842
    埼玉県熊谷市新堀新田491-19

    TEL
    048-530-5555

    エコット熊谷籠原店

    WEBはこちら

    MOBILEはこちら

    TEL : 048-530-5555


    エコット熊谷籠原店 日記

    TOP > エコット熊谷籠原店 日記 > 不要な冷蔵庫、洗濯機の回収処分について・・・あまり良くないお知らせデス

    不要な冷蔵庫、洗濯機の回収処分について・・・あまり良くないお知らせデス (2018.02.15)

    購入から5年以内で状態の綺麗な小さめの2ドア冷蔵庫
    同じく5~7kgサイズの全自動洗濯機


    上記の2種はリユース市場では回転が速い商品なので買い取り対象になりますが


    購入から10年以上経過した冷蔵庫や洗濯機は故障しやすく
    商品価値が低く、処分前提となってました。


    それでも、廃品回収業者さんがスクラップにまわしたり、海外に輸出したり
    各企業が努力してきた結果
    お客様の廃棄費用負担を安く抑えられてきたのですが


    今年に入り
    中古品輸出先の巨大マーケットである中国が
    自国の経済を守ることを優先して
    鉄などのリサイクル品輸入にストップをかけ始めました

    日本国内では処分しきれず、ダブつきはじめ
    値崩れが始まりました。

    各業者が軒並み中古品、廃棄品の受け入れを拒否し始めました。


    そうすると
    家電リサイクル法に則った処分をすることになり
    一台当たり3~5千円ほどのリサイクル料金を郵便局に収め
    各地域の指定集荷場(深谷市上柴町の日通さん)に自己搬入することになります。
    運搬手段がなければ
    知人友人、レンタカー、便利屋さんなどに依頼することとなり
    冷蔵庫と洗濯機の処分を依頼すると
    15,000円程度かかりそうな状況です。


    知り合いのリサイクルショップでも
    今までは白物家電は売れないからと、他業者に売却して手間を惜しんでいたのですが
    今年に入り、急きょ自前で販売することに方針転換したようです。
    彼の企業も今まで軽んじていた分野で後発では、勝負するのも苦しいものです。


    今後しばらく
    不用品の処分は
    お金がかかってくるのが当然な時代になるのかもしれません。


    業界の動向からしばらく目が離せません。


    動きがあったらまた報告します。










    日記 一覧へ戻る


    このページのトップへ

    【PR】 アパマンショップ 北18条店ハローストレージ二子玉川トランクルーム 「ストレージプラス学芸大学環七」aromaroom Bianca日本拳法 大阪市 都島(少年部)